科学技術と職人技の絶妙なバランス

セレンゲッティが世界最高峰のドライビングサングラスメーカーとしての名声を得ている所以は、独自開発した技術と職人技の融合にあります。

その2つの絶妙なバランスは、私たちの生産現場を見学すれば一目瞭然、大量の最先端ロボットやコンピューターが稼働している中に大勢の技術者がたったひとつの事“世界に誇れるレンズの制作”に取り組んでいるのをみれば分かる事でしょう。

セレンゲッティのガラスレンズは、約10cmの“パック”と呼ばれるガラスの固まりから始まります。その固まりを削り、磨き上げていきます。大量のパックがプログラムでコントロールされた機械により削り出されている間も、職人は厳し目で監視をし、最後は技術者の手で丁寧に検品されます。

研磨段階でパックは“ブランク”と呼ばれ、次の行程へと進みます。水素を燃料とし温度を一定に保持出来る釜の中で、PHOTOCHROMIC(調光)とスペクトラルコントロール機能の加工を施すのです。またこの時の温度がレンズのカラーを決めます。

釜から取り出されたレンズは、最終段階のコーティングを施す前に冷却されます。全ての行程を通して職人による注意深いモニタリングと検査は続けられ、都度、品質がチェックされるのです。こうして熟練した職人による厳しく品質チェックを繰り返す事こそが、世界最高サングラスのレンズとして賞賛を受けるための唯一の方法なのです。

Glass Lens Options


Driver's Lens

55nmアンバー色のDrivers ®レンズはいかなる天候下においてもコントラスト高く鮮明な視界を提供します。紫外線量によりレンズの色が変わるPHOTOCHROMIC(調光機能)が最適な透過率キープし、偏光機能によりギラツキを抑えるので、1日を通して快適な視界が得られます。

PHOTOCHROMIC ガラスレンズ
透過率:9〜24%
ブルーライトブロック率:95%〜89%

PHOTOCHROMIC/偏光 ガラスレンズ
透過率:10〜18%
ブルーライトブロック率:96%〜93%

PHOTOCHROMIC グラディエントガラスレンズ
透過率:9〜24%
ブルーライトブロック率:95%〜84%

555nm

55nm晴天時に最適。黄色と緑の光の透過率を下げる事で目にかかる負担を減らします。またシルバーミラーコーティングが光の乱反射による目へのストレスを軽減します。

PHOTOCHROMIC ガラスレンズ
透過率:9〜15%
ブルーライトブロック率:96%〜89%

PHOTOCHROMIC/偏光 ガラスレンズ
透過率:8〜15%
ブルーライトブロック率:95%〜92%